石川県野々市(金沢市の隣)にある本町接骨院、腰、膝、首、手、足の痛みから解放されあなたの笑顔をみるために、今日も全力で取り組みます。各種保険、交通事故、労災対応。

スポーツ障害の基礎知識

スポーツ障害の基礎知識

性別や国籍を問わず、趣味の合う人同士で楽しめるスポーツ。全てのスポーツには、スポーツ障害のリスクが潜んでいます。スポーツ障害を回避するため、乗り越えるためには、正しく理解することが重要です。

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、特定の部位を酷使してしまうことで疲労が溜まり、筋肉などに激しい痛みが生じる疾患です。つまり「オーバーユース(使い過ぎ)」が原因で起こる症状になります。少年野球などでよく見かける例としては、ピッチャーが連日投げ続け、肘や肩を痛めてしまう「野球肩」・「野球肘」などがスポーツ障害に分類されます。

過度な運動を毎日続けていると、筋肉伸縮のねじれや衝撃を吸収する力などで身体へと負荷をかけ続けていることになります。身体へのダメージが積み重なっていくと、容量オーバーとなって炎症や痛みを引き起こすのです。

スポーツ障害が起こりやすい状況

筋力の低下

スポーツでよく使う部位の筋肉が弱まっていると、衝撃をうまく吸収できなくなります。そうなってしまえば、身体への負担はより大きくなります。通常、筋肉疲労は時間と共に回復するのですが、筋力が低下している場合どうしても回復までに時間が掛かるので、回復する前に運動を再開した結果、スポーツ障害を引き起こしてしまうのです。

ウォーミングアップが不十分

どのようなスポーツにもいえることなのですが、運動をする前には軽めのランニングやストレッチ、マッサージなどを行って、筋肉を柔らかくほぐして身体の準備を整える必要があります。それが不十分ですと、筋肉や関節が固まったままですので負担を吸収する力が正常に働きません。

悪いフォームのクセがある

シュートを決める時のフォーム、ボールを投げる時のフォームなど、どんなスポーツでも自分なりのフォームがあると思います。身体の一部に負荷がかかり過ぎている悪いフォームで練習している場合、スポーツ障害を起こしてしまう可能性が高いです。

石川県野々市にある当院でも、様々なスポーツ障害に対応しております。もし、身体を酷使し過ぎて痛みがあるようでしたら、一度足をお運びください。

スポーツ障害の他にも、腰痛、膝痛、手首の痛み、足のしびれ、頭痛、骨盤矯正、リラクゼーションマッサージなどの施術も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional